鉱物コレクション

BLフローライト内モンゴル_DSC09263.jpg水晶の表面にできたブルーフローライト 内モンゴル産
BLフローライト内モンゴル_DSC09268.jpg水晶が中心に表面にできたブルーフローライト 内モンゴル産
桜石亀岡_DSC09290.jpg京都亀岡産の桜石
GNフローライト水晶_DSC09271.jpg水晶とグリーンフローライト 内モンゴル産
GNフローライト水晶_DSC09272.jpg水晶とグリーンフローライト 内モンゴル産
黒辰砂鶏冠石三重丹生鉱山_DSC09287.jpg三重 丹生鉱山の鶏冠石と黒辰砂
Wポイント水晶ガーネット_DSC09285.jpgダブルポイント水晶とガーネット パキスタン シガール産
Wポイント水晶内モンゴル_DSC09258.jpgダブルポイント水晶 内モンゴル産
イネス石河津鉱山_DSC09295.jpg河津高山 イネス石
珪ニッケル鉱_02_DSC09279.jpg珪ニッケル鉱
白雲母_DSC09276.jpg白雲母
アクアマリン恐山の雄黄
車骨鉱04.jpg鉛の鉱石です。成分の多くは鉛で、銅と錫、残りが硫黄です。産地によっては0.1%程度の銀を含む事もあって銀の鉱石としても利用された。
円筒鉱05.jpg円筒鉱、名の如く曲面を形作っている珍しい鉱物です。直線と平面でなる鉱物が円筒状になるのはなぜだろうか。
輝水鉛鉱05.jpgモリブデンの鉱石、特殊鋼に必要な金属です。鱗片状や雲母状で柔らかく曲げる事もできる。
バナジン鉛鉱03.jpgバナジン鉛鉱、赤に近いオレンジ色で六角形をしている。
緑鉛鉱04.jpg緑鉛鉱、みずみずしい緑色のリン酸塩系の鉛鉱物です。六角形やビヤ樽型になるものもある。
アクアマリンアクアマリン:パキスタン 緑柱石はベリリウムの原料として利用されるが、美しいものは宝石となる。水色のものをアクアマリンという。この色の原因は微量元素の鉄による。同じ鉄が原因であってもゴールデンベリルは黄色です。形は六角柱。
イネス石イネス石 ピンク色のマンガンとカルシウムの珪酸塩鉱物です。繊維状の結晶となったイネス石は大変粘り強く、ハンマーで割るのも苦労するくらいです。語源はギリシャ語で「肉の筋」
松茸水晶松茸水晶
ベニト石ベニト石:USAカルフォルニア バリウムとチタンの珪酸塩鉱物。サファイアに似てサファイアよりきれいと言われています。青色はチタンによると言われています。蛍光鉱物で紫外線下で鮮やかなブルーに輝きます。
孔雀石孔雀石
青水晶青水晶:スペイン あまり大きな結晶にならない珍しい水晶です。
カロール鉱カロール鉱 とても綺麗な銀色の銅とコバルトとニッケルの硫化鉱物です。コンゴ産です。
モットラム石モットラム石 バナジウム酸塩で鉛と銅と亜鉛を含みます。ナミビア産
デクロワゾー石デクロワゾー石 モットラム石と兄弟です。成分中の亜鉛が銅より多いものをデクロワゾー石と言います。
ルチルルチル(金紅石)です。酸化チタンの結晶ですが、このような単体で見る事は少なく、一般にはスタールビーやスターサファイヤのスターの原因の物質です。
鋭錐石鋭錐石(えいすい)石です。これも成分はルチルと同じ酸化チタンです。一見黒く見えますが、濃い青です。大きな結晶は少ないです。
ゴールデン・ベリルヘリオドールです。ベリリウムを含む緑柱石の仲間で黄色のものを言い、ゴールデン・ベリルともいいます。微量成分として鉄が発色に影響しているようです。
辰砂 シナバー辰砂、硫化鉱物の中で最も古くから人間に利用された鉱物です。中国では辰州からとれたことから着いた名前です。この色から朱砂ともいわれ、印材として有名な鶏血石は葉ろう石の中に辰砂が混入したものです。 HgS
辰砂 シナバー辰砂
フローライトフローライト
アダム鉱アダム鉱
インペリアルトパーズインペリアルトパーズ
インペリアルトパーズインペリアルトパーズ
クリード石クリード石
グリーンアポフィライト 魚眼石グリーンアポフィライト
グリーンアポフィライト 魚眼石グリーンアポフィライト
グリーンアポフィライトB02.jpgグリーンアポフィライト
ジルコンジルコン
錫石錫石
錫石錫石
スファレライトスファレライト
ハーキマーダイヤモンドハーキマーダイヤモンド
松茸水晶とフラワー水晶松茸水晶とフラワー水晶
フローライト スファレライトフローライト
フローライトフローライト
球状フローライト 赤い球状フローライト
ロードクロサイトロードクロサイト
ロードクロサイトロードクロサイト
ロードクロサイトロードクロサイト
十字石十字石
灰重石灰重石
石黄石黄 砒素と硫黄の化合物です。黄色の顔料として有名です。雲母のように一方向にはがれるます。
石黄石黄 
赤銅鉱赤銅鉱 銅の酸化物でとても綺麗な濃い赤色です。正八面体です。 コンゴ産
赤銅鉱赤銅鉱 コンゴ産